未分類

会話デッキが作れずユメノグラフィア当日。筆染四季さんの一言で…

2020年6月1日

勢いで買った筆染さんのチケット。急いで会話デッキを作るために筆染さんのことを出来る限り調べたが、共通点が見つからない。そんなピンチを抱えたまま迎えたユメグラ当日。筆染さんから言ってくれた一言で凄く盛り上がりました。今回はその話をしようと思います。

気になるキャストさんがいるけど、共通点が見つからなくて悩んでいる人に、僕の話が届けば嬉しいです。

また舞元さんがユメグラに来てる…僕も行こう…

とある日、YouTubeを見ていると、また舞元がユメグラに行った話を配信していた。もうやだこのおじさん…

【ユメノグラフィア】 Q.魔法のような新体験とは おかわり【にじさんじ】

と思うじゃん?僕は舞元さんの数日前のユメグラ配信があるツイートを見てから、筆染さんのチケットを既に購入していたからね。人のこと言えない。

デッキを作ろう

キャストさんの名前は「筆染四季」さん。黒髪ロングポニーテールの性別不詳さん。一人称が「僕」で、他のキャストさんからは「四季くん」と呼ばれているので男感ある。だがキャスト内で上位を争うほどの巨乳である。性別って一体なんだろうね…

とりあえず、チケットを購入したその日からデッキ作り。話のネタはいつも10個くらい作るつもり。その内本当に話せるのは多くて2つくらいなんだけど、これを怠ってしまうとキョドッたり変な緊張をしてしまうから自分の中では必須。僕だって女性から良いように見られたいし、その努力くらいはしている。と思っている。彼女いないけど

早速いつも通り、アーカイブとプロフィールとTwitterを確認。してある重大なことに気がついてしまった。

共通点が見つからない

とりあえずこれを見てほしい。これは僕がユメグラに書いてあるプロフィールである。

対応デッキ:ゲームセンター(音楽ゲーム)、ダイエット、ウイスキー、料理、
アニメ(2010~2015年)、レトロゲーム(少し)、一人旅 
この中で気になるものがあれば、お話しましょ。 
Twitter @amacatVMG

そしてこれが筆染さんのプロフィールである

性別・年齢不詳の脚本家。 筆名も秘密。 好きなものはゲームと甘いものと酒と金、と、見た目に似合わず俗っぽい。 話しやすい雰囲気で、老若男女に慕われる。執筆のアイディアを得るため、様々な人と交流しようとユメノグラフィアへ来た。

URL:https://www.yumenographia.com/#/casts/12

これを見る限り共通点は、ゲーム、酒が当てはまっている。なんだよ…結構当てはまってんじゃねえか…

そう思いながら、どんなゲームとかお酒が好きなのかYoutubeで確認してみたんですよ。

以下がその動画になります。

見るとこういうことが分かりました。

  • あまねこは音楽ゲームが好きで、筆染さんはノベルゲームが好き
  • あまねこはウイスキーが好きで、筆染さんは日本酒が好き

なんだよ…微妙に当てはまってねえじゃねえか…

筆染さんの前では言わなかったんだけど、正直めちゃめちゃ焦った。

筆染さんと共通点が少なくて、会話が弾まなかったら。筆染さんと共通点がある人が買うべきチケットだったのではないか。勢いで買ってしまった自分を後悔しかけていた。

しかし、共通点が無くても、いわゆる定番の話題を僕は多少持っている。
具体的には”ダイエットデッキ”を持っている。

僕は仕事上、専門ではない程度にダイエットや運動の知識を持っている。そして、男女関わらず多くの人はダイエットに興味がある。そして筆染さんは男性であり女性。これは勝てると思った。

ふと頭によぎった

初手ダイエットはセクハラじゃね?

盲点だった。俺はもうだめだ。これはもう勝てる気がしない。負け筋しか見えない。

そんなことを思っている内に、筆染さんとお会いする時間が近づいていた。

お会いして筆染さんの一言目

※キャストさんのプライバシー保護のため、一部フィクションを加えています。

筆染さんと対面して、何を話そうか凄く悩んでいた。その時、筆染さんから話しかけてくれた。

「ゲーセンの音楽ゲーム好きなんですか?実は僕もやってたんですよ」

・・・まじ?超被ってるじゃん!

話を聞くと、筆染さんは以前ゲームセンターに通っていたらしい。色んなゲームを触っていたみたいで、音楽ゲームも少し触っていたらしかった。今も通っているのかは流石に聞かなかった。

それにしても本当に安心した。何も共通点を見つけられなかったけど、実は筆染さんとの共通点が1つあったという安心感で落ち着いて話すことができた。

それからの会話は、音楽ゲームの話題をきっかけに、ゲームセンターの話題になっていた。

お話したこと

あまねこは学生時代、とあるゲームセンターでアルバイトの経験をしていた。クレーンゲーム、音楽ゲーム、プリクラ、カードゲームくらいに分かれていて、僕は前線ともいえるクレーンゲームで働いていたのである。喉が枯れて靴が磨り減るほど超忙しかった。店長は嫌いだったけど楽しかったな。

そんな当時のことをお話していた。ゲスト側が共通点を見つけられなくても、キャストさんが見つけてくれることもある。そう思うと、もう少しプロフィールを充実させたほうが良いかもと思えた。

あと、これは個人的な反省。共通点があるか意識しすぎてた。共通点が無くても、相手の好きなことを「どんなところが好きなの?」とか「いつ頃から好きなの?」みたいな感じで深掘りしたり、もしくは、自分が好きなことをめっちゃ楽しく喋れるようになれたら良いなと思った。

これが出来れば、共通点が無くても十分楽しい会話ができるね。

それはそれとして、筆染さん聞き上手だったな。初対面の人とは聞き役に回ることが多いけど、筆染さんの前では自然とたくさん喋っていた。それでいて気持ちよく頷いてくれるの。「あ、お喋りするのってこんなに楽しいんだな」って筆染さんと会って知りました。

後日談

筆染さんとお別れして翌日。Twitterでこんなリプが届いた。

突然のサプライズでびっくりした。でも、筆染さんとのお話は凄く楽しかったので、そのあとにリプをくれるのは凄く嬉しかった。今度はTwitterに僕の墓標が立つかもしれない。

まとめ

今回は筆染さんとユメノグラフィアでお話してきました。前回の雪待さんでも同じように思ったのだけれど、キャストさんもお会いする時はちゃんと調べてくれています。

それだけに、Twitterやユメグラのプロフィールで、好きなものやお喋りできる事をしっかり書いた方が、キャストさんも助かるのかなと思いました。

あとは「向こうが調べてくれるなら何もしなくていいや」とは思わずに、ゲスト側もキャストさんの好きなことを知る事が大切じゃないかな。お互いフェアでいると、お喋りも楽しいと思います。

今回紹介した、筆染四季さんの関連URLを張っておくので、良かったら応援してあげてください。

ユメノグラフィア
https://www.yumenographia.com/#/casts/12

Twitter
https://twitter.com/shiki_f_yg

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCDvrSLOnQdzaFS2IZENY5OA

アバターモデル:ツヴァイちゃん
https://www.v-market.work/ec/items/2662/detail/

モデル製作者:ジョー太郎さん
https://twitter.com/jo_taro13

-未分類

© 2022 AMA-Vlog あまブログ Powered by AFFINGER5