未分類

【中編】初めての金沢観光おすすめスケジュールを紹介します

2020年8月20日

みなさんこんにちは。あまねこです。

今回の記事は「【前編】初めての金沢旅行おすすめスケジュールを紹介します」の続きになります。
まだ見ていない方は、こちらの記事を先にご覧ください。

今回の記事は、オススメの宿泊先、金沢中心街の晩御飯、食後の遊び場所、以上を紹介します。

晩御飯の場所、遊び場所は僕も実際行ったことある場所なので、自信を持ってお勧めできます。
夜のお店は紹介してないので、そっち系を希望される方は、他のサイトを参考にしてください。

金沢オススメ宿泊先

Kaname Inn Tatemachi

2人で金沢旅行をするなら、ここがオススメです。

竪町ストリートと呼ばれるアパレルショップとかアニメイトがある通りに並んでいます。超お洒落なゲストハウス。若干オシャレすぎるような気がします。

1階には音楽バーがあるので、お酒を飲みながらお洒落な空間で素敵な音楽を聴くことができます。パリピ感のない空間で、落ち着いた大人が談笑していそうな雰囲気のある場所です。

スタンダードタイプの部屋で約15000円、一人約7500円。時期によってはもう少し高くなるので、オフシーズンに予約を取るのが良いと思います。

他の部屋だと最大4人まで泊まれると書いてありますが、セミダブル2台と正直狭い思いをします。それでも良いと思う、てえてえグループなら予約しても良いと思います。

僕はそれを想像してニッコリ頷いてます。

この後紹介する晩御飯のお店とか、ゲーセンとかボドゲカフェが近くにあるので、そういう意味でも、このゲストハウスはおススメです。

加賀屋 金沢茶屋

全国で一番有名な旅館グループ「加賀屋」が金沢駅前に構える「隠れ家風旅館」になっています。

食事つきのプランを予約すると、軽く3万円の予算をオーバーします。

それが素泊まりプランだと、1室8800円。調べて安さにビビりました。

加賀屋は「高級旅館」の代名詞とも呼べるほどの旅館です。

加賀屋を利用する人は、営業マンが絶対に成約させたい案件を取るために、接待として使う。新婚旅行や家族旅行で特別な人と特別な時間を過ごして、特別な思い出を残す。

そんな場所が加賀屋だと思っています。

その旅館が、素泊まりで1室8800円は破格と呼べると思います。

金沢の中心街から少しだけ離れているので、遊び場所は少めです。金沢市内を観光する時には若干不便を感じると思いますが「古都金沢」の雰囲気を最大まで堪能したい方は、この旅館を選ぶことをお勧めします。

余談ですが、あまねこは就活時代、説明会を受けるためにこの旅館を訪れました。

特別な空間、時間に招待されたような気分でした。本当に素敵な旅館ですよ。

~18:30~ 夜ごはん 1~2時間

夜ごはんは金沢中心街で取ります。片町と呼ばれるエリアが中心街です。

本当に美味しい食事処は、観光客が戸惑うほどの狭い道に並んでいます。

毛細血管かよって言いたくなるほどに狭くて細い路地が金沢中心街は張り巡らされています。綺麗に区画整理されている名古屋や東京都と比べて正反対ですね。

今回は「メイン通りから1本だけ奥に入ったお店」「冒険してたどり着く秘密基地的なお店」を合わせて3つ紹介します。

片町 ラーメン鶯

片町にあるコートダジュールの右側にある路地に入ったところにあるラーメン屋。しょうゆベースの「香味中華そば」が最高に美味しいです。

外観があんまりラーメン屋っぽくなくて、僕が入るときはいつも店主しかいないので「仕込み中かな?」って思ったりしますが、入ってみると普通に営業しています。館内はカウンターのみとなっていますが、ラーメン屋とは思えないほど綺麗で大人っぽい雰囲気を感じます。

石川のラーメン屋は味噌ベースとか豚骨ベースのラーメンが多くて、結構濃い味付けの店が多い印象です。ここのラーメン屋は「香味中華そば」と「鶏白湯魚介そば」の2種類が定番になっていて、どちらもあっさりしたスープです。

初めてここのスープを飲んだ時、めちゃめちゃ感動しました。スープを口に含ませると、上品な出汁の香りが口の中に広がって、それを香味油(かな?)でまろやかにまとめてくれています。思わず飲み干してしまうほどに美味しいラーメンです。

日曜日が定休日なので、予定と重ならければ、是非行ってほしいおススメのラーメン屋です。

片町 ピノ
注文したシーフードドリア。ホタテの味がライスまで染みてて美味しい!

タイトーステーションの裏にある喫茶店のようなお店です。女性と数回ここで食事をしたことがあるのですが、女性側が「ここに行きたい!」と言います。

なので、僕のおすすめというよりも、女性視点のおススメのお店ですね。

館内は、夜の喫茶店って感じ。僕の中の喫茶店のイメージは、昼間にコーヒーを片手にくつろげるような空間のイメージ。ここのお店は、夜になっても同じくらい落ち着けるような素敵なお店です。

お洒落なトーストからボリューム感のあるドリアまでメニューが豊富。セットメニューがお得なので、僕はいつもそれを注文しています。

旅行の疲れを癒すのにピッタリな喫茶店ですよ。

片町 焼肉NOBU
厚切り牛タン。厚すぎない?

ここのお店は、片町の細い道を進み続けた場所に小さく構えている焼肉屋です。明らかに観光初心者向けではないですが、個人的に思い出のあるお店なので紹介させてください。

まず、お店に入る前に外観から驚かされます。「屋台のように屋根の低い店」が所狭しと、短い道を挟んで並んでます。その様子は、さながら「大人の秘密基地」です。

昭和アニメとかで、オッサンがおでんとかラーメンを屋台で飲み食いしているシーンとかありますよね。あの屋台サイズのお店が、ぎゅうっと詰まっている感じです。

そこにたたずむ一軒が「焼肉NOBU」です。

お店に入ると「調理場含めて6畳ほどしかないのでは?」と思うほどに狭く、そこに並んだカウンターと、一人焼き肉用のコンロが、店主と一緒に迎えてくれます。

壁には看板メニューと本日のおすすめが張られていて、そこから注文します。

お肉の質ですが、僕が食べてきた焼き肉の中でダントツ一番で美味しいです。言葉に形容しがたいほどに美味しい。

中でも、世界が変わったと思うほどに美味しかったのは「レバー」と「チャンジャ丼」

レバー。角がピンピンに立ってるほど新鮮です。

今までレバーはどちらかというと苦手な食べ物だったので敬遠していたのですが、友人に「レバーが苦手でも、ここのレバーだけは1回食べてほしい。マジで世界変わる」と熱弁されたので、食べることにしました。口に入れた瞬間、世界が変わりました。

なんというか、今まで食べてきたレバーと別食感。レバーってフニャフニャした食感だと思うんですけど、ここのレバーはフニャフニャしてない。口に入れて噛んだ瞬間、シャキって綺麗に噛み切れるんです。「ウソやん!?」って思うじゃないですか、マジなんです。

「レバーってこんなに美味しかったんか…」って感動しましたね。未だに、あのレバーを超える物に出会ったことがありません。

もう一つ、たまげるほどに美味しかったのが、チャンジャ丼。

まあ、普通のチャンジャをご飯にかけて、上から卵を落とした、普通に美味しそうなチャンジャ丼なんですよ。

それの何が美味しいかっていうと、食材の熱さが同じなんですよ。

普通、ホカホカのごはんに冷たいチャンジャが乗っかってると思うんですけど、このチャンジャ、ご飯と同じくらいに温められているんです。

冷たくなく、それでいて熱すぎず、ご飯となじむ暖かさで、それを卵のまろやかさがチャンジャの辛みを閉じ込めている。最高に美味しい逸品です。

予算は、一人約5,000円。席数が少ない上に凄く人気なお店なので、食事に行かれる時は電話で予約を取ることをお勧めします。

食後の遊び  食後~満足するまで

夜になったら、片町で思う存分遊びましょう。これから紹介する遊び場所は、僕がこれまで行ったことのある「永久に遊べる場所」です。間違いなく、どれか一つは楽しめると思うので、参考にしてください。

タイトーステーション金沢
今時珍しいポップンブラウン管。多分まだ動いてるはず

片町にあるゲームセンター。僕が高校生の時は通学路だったので、毎日のように通っていました。

2階にはプリクラが沢山設置されているので、思い出作りにはもってこいの場所です。

書いてて思ったのですが、着物を返却する前に、ここに寄っても良いかもしれませんね。

1階にはクレーンゲーム、地下1階には音楽ゲームとかビデオゲームがあります。

クレーンゲームは大きいぬいぐるみとかフィギュアよりも、小さいカービィのぬいぐるみがあれば、お揃いでゲットすると思い出になりそうですよね。

ここの店員さんは割と親切なので、取り方とか狙い所を質問すれば教えてくれると思います。

とはいえ、100円も入れずに聞くのはご法度なので、まずは自分で何度かプレイしてみて、それでわからなければ聞くのが良いと思います。

地下1階は、割とたばこ臭いので、たばこの臭いが苦手な方や匂い移りが気になる方は行かない方が良いかもしれません。

げーむっちカフェ

Twitter:https://twitter.com/gamecchicafe

ボドゲカフェはいいぞ。時間が溶けるぞ

竪町ストリートと呼ばれる通りにある「ゲームカフェ」です。

ボードゲームをメインに、レトロゲームも置いてあったりします。

ボードゲームに馴染みのない方同士で入るのは抵抗があるかもしれませんが、店員さんが初心者向けのゲームのやり方を説明してくれるので、初めての方でも安心して利用できると思います。

そして、夜にやるボードゲームは最高に楽しいです。僕は友達に誘われて、初めてここでボードゲームを体験したのですが、気が付いたら4時間プレイしてました。

その後に、一人で足を運んで、知らない人とボドゲをやって、深夜1時までプレイしてました。

石川で遊べるボードゲームカフェは、今の所ここだけだと思います。ボドゲ好きな方や、友達とテレビゲームを囲いたい方は、是非ここで遊んでください。

夜更かし注意です。気を付けてね

宿に戻って飲む

上二つがピンと来なかったら、宿泊先でお酒を飲みながらまったりお喋りするのが良いと思います。

宿泊先で、腹を割った話とか、本音トークとか、それをお酒を飲みながら話すのって、凄く特別な時間ですよね。

僕はネガティブトークとか基本避けているんですけど、こういうタイミングだけは受け止めますし、僕も弱音を告白したりします。

着物レンタル付近に、石川の日本酒が買えるお店があります。夜ご飯を食べたら、真っすぐ宿泊先に戻って、お酒を飲みながら普段話せないことを話し合う。

そんな時間があるのは、素敵なことだと思います。

かなまる酒店

中編おしまい

今回は以上になります。

次回は後編。2日目の観光地とランチの場所を紹介して終わりにしたいと思います。

このご時世、旅行しづらい時期だと思います。僕のブログで雰囲気だけでも楽しんでもらえたらと思います。

いつかVR金沢とか作って、リモート観光とかできたら良いですね😊

-未分類

© 2021 AMA-Vlog あまブログ Powered by AFFINGER5