未分類

本屋は最高のカウンセラーだと思う話+2019年度読んでよかった本5選

2020年4月5日

こんにちは。あまねこです。

ブログ初記事は本屋について書こうと思います。今回は本屋の魅力と、2019年度本でよかったと思う本を5冊紹介します。

僕が本屋が好きな理由

ライトノベルをひたすら読み漁っていたオタク中学時代、引きこもりから大学進学を目指したブラック高校時代、自己啓発を読み漁ったイキリ大学生時代、そして23歳になった現在まで本屋にはずっとお世話になっています。本屋が無い生活は本当に考えられません。

僕が本屋が好きな理由はこんな感じです

  • 本屋は最高のカウンセラーだから
  • 無意識に求めていることを教えてくれる
  • 通い続けることで心に余裕ができる

本屋に通っていない方からすればかなりスピリチュアルに感じると思いますが、本屋好きの皆さんには共感できる方が多いと思います。

本屋は最高のカウンセラーだから

仕事、学校、恋愛、家族。人生の中で悩みを持つことはたくさんあると思います。そんな個人的な悩みを打ち解ける相手は誰ですか?

信頼できる友人、頼れる上司、学校の先生、恋人、家族、心理カウンセラー。相談する相手は自分が選ばなければ意外と多くいるとおもいます。

これを見ている皆さんは、ぜひ「本屋」という選択肢を取り入れてみてください。本屋に相談するということは、本屋の店員に相談したり、本に直接語りかけることではないですよ。今から本屋と相談する方法を伝授します。

本屋を適当にフラつくと悩みは解決される。

これだけです。本屋にテキトーに入って小説、ビジネス、心理学、雑誌といったコーナーにフラフラと足を運んで眺めているだけです。本を眺めているとどうなるのか。

自分の悩みを明確に教えてくれます。

本屋を歩くということは、無数の本の表紙や背表紙が視界に大量に降り注いできます。そうすると、突然自分が求めていた言葉、文章にばったり出会っちゃうんです。

例:カメラが欲しいAさんの悩み

例えば、Aさんが趣味でカメラを始めたいと思っているとします。その時「カメラを始めるにはどうしたら良いんだろう」って思いますよね。

友人に相談すると、おそらくこう言われるでしょう
「カメラなんてスマホで十分じゃね?」

父親に相談すると
「そんな高いカメラは買ってやれないぞ」

先生に相談すると
「そんなことより勉強しろ」

だいたいこんなことを言われました。このアドバイス、Aさんが求めていたアドバイスではありませんでした。一方で、的確なアドバイスを求めるほど質問が上手にできるわけではないので、それ以上相談することもできませんでした。

自分自身、カメラを始める際に「何に悩んでいるのかよくわからない」のです。

ここで本屋に行ってみます。本を眺めていると、なんと本が話しかけてきます。

  • カメラってスマホから一眼レフまでこんなに沢山あるよ
  • 写真の撮り方はこうすると良いよ
  • とりあえずプロの写真集をみると良いよ
  • こうすればカメラで稼げるよ
  • 動物って可愛いよね

こんな感じに、表紙や背表紙を使ってめっちゃ話しかけてきます。そこでAさんは気づきました。

私、動物が好きだったんだ

完全に予想外ですよね。Aさんは無意識では動物が好きだからカメラを始めたかったんです。だけど、Aさんは意識的に動物が好きだということを知らなかった。だからカメラを始めるときに悩んでいたのです。

このように、悩み事があるけど言葉に表現できない。相手にどう伝えれば良いのかわからない時。本屋はピンポイントで貴方の悩みを言葉にしてくれます。

Aさんの友人や父親のようにネガティブなアドバイスではなく、本屋は多くの場合ポジティブにアドバイスをしてくれます。スキャンダル雑誌等、例外はありますが。

こうして、Aさんは動物の撮り方の本と、動物写真集を買って帰り、次の休日にスマホを持って動物園に向かうことを決めました。めでたしめでたし

ネットは答えを教えてくれる。
本屋は悩みを教えてくれる。

僕は悩んでいる事があればとりあえず本屋に行くようにしてます。インターネットだと答えは教えてくれますが、悩みはなかなか教えてくれません。

ところが、本屋に行くとあっという間に言葉にできない悩みを教えてくれます。人間、悩みの正体がわからない時がとても辛く感じます。その辛い感情を解放してくれるのが本屋だと僕は思っています。

友人に悩みを相談して解決する方法も勿論あります。これは僕の経験ですが、解決することもあれば、解決しないこともあります。

そのように、誰に相談しても解決できそうにない。出来るならこの悩みを言葉にしたくないと思っている時。ぜひ本屋に寄ってみてください。きっと気が楽になると思います。

2019年度、自分の悩みが解決した本5選

ここでは、僕が2019年度、新社会人になって1年目にお世話になった本を5冊紹介します。僕は本屋が好きですが、小難しい本を読むのは苦手だったりします。なので、これから紹介する本も読みやすい本ばかりだと思っています。

その本を見て「あ、これ私の悩みかも」と思ったら、ぜひポチってください。
それではいきましょう。

「なるほど!」と分かるマンガはじめての恋愛心理学

この本には、相手が「楽しいなあ」とか「緊張しちゃう」といった気持ちが分かるヒントが多く載っています。文章少なめでイラストが豊富に使われているので、凄く読みやすいです。

学生の頃は、彼女すら出来なかったのだが、社会人になってようやくモテたいという気持ちが湧いてきた。

僕が恋愛しているときに一番不安に思う時が「相手がどんな気持ちかわからない時」なんですよ。お話ししてたり、話を聞いてたりする時に「本当に楽しいのかな?」って

今まで「楽しいのかな…」と不安になっていた気持ちが無くなって「あ、この話題楽しくなさそう。別の話題にしよう」とか「もう少し深い話をしても良さそう」という感じに会話を広げられるようになりました。

勝ち続ける意思力

プロの格闘ゲーマーである梅原大吾さんが書かれた本。梅原さんが送ってきた人生を振り返りながら、格闘ゲームで成長するために実践してきたノウハウが沢山詰まっている。

この本を読んで特に参考になった部分は「成長を実感できない時のモチベーションの上げ方」。同じ環境に長い間、身を置いていると「自分って強くなっているのかな?」と疑問に思ってしまう。上達している実感が湧かず辛く感じてしまう人は少なくないはず。

この本では、20年以上格闘ゲームと向き合ってきた梅原さんが「上達を実感できる方法」を伝授してくれる。僕も実践しているが「なんだ、思ったより頑張ってるじゃん」と気づけるようになった。

もし貴方がゲームとか仕事とか何かしらに打ち込んでいるものがあるならば、この本はとても参考になると思う。

チーズはどこに消えた?

全世界2800万部を売り上げている大ベストセラーのビジネス書。異なった性格をした2匹のネズミと小人がチーズを求めて奔走したりしなかったりするお話。

後書き含めて全94ページでありながら、おとぎ話テイストに話が進んでいくので凄く読みやすい。それでいてビジネス書として活用できる圧倒的な良書。

ここで言うチーズとは、現実ではお金とか健康と言った人間にとって甘くて美味しいものを指しています。

チーズを手に入れた小人やネズミがどのような行動を起こすのか。ワクワクしながらも「俺ってもしかしてネズミタイプじゃね?」と振り返ることもできます。

ミライのつくり方 2020-2045

リンクがうまく張れなかったので写真で紹介。URLは下に貼ってあります。

https://www.amazon.co.jp/dp/4065116511/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_QqEIEbN8DPQD2

僕がVRにハマったきっかけの本。著者のGoromanさんはVR界のホリエモン的な存在だと思っている。

2020年からVRはものすごく成長して、社会にどのような影響を及ぼすか。どれだけ幸せな未来が待っているか。ポジティブな将来を描く一方、現在のVRゴーグル(ヘッドマウントディスプレイって言います)はゴツくてキモイと一蹴。

普及するには、もっと格好良くて可愛いお洒落なデバイスになる必要がある。といった課題も提示している。

将来はスマホに置き換わり、Twitterのいいねが目の前に浮かんだり、お家でライブが楽しめるようになったり、お家で洋服が試着できるようになったり。深いところまで行くと、もう一人の自分を作る事ができるようになります。

5Gが始まって、これからどうなるのか。スマホに置き換わる物はどういう物なのか。気になる方は是非ポチりましょう。

「もう頑張れない」って言ったって、君の価値は下がったりしない

一度でいいので、アマゾンの試し読みを見て欲しい。あまり共感できなかった貴方、この本を読むのは時間の無駄になるかもしれません。

少しでも共感できた貴方、今すぐポチって読んでください。

この本は「好き無事で頑張れるなら幸せな事だから大丈夫」と思っている方にブッ刺さります。僕はものの見事に頭を貫かれました。詳しい自分語りは別の記事に書こうと思います

この記事を読んでから僕は、早く立ち直れるようになったような気がします。

マンガなのでサラサラ読めて分かりやすいと思います。興味のある方は是非読んでみてください。

-未分類

© 2021 AMA-Vlog あまブログ Powered by AFFINGER5